税理士の独立のタイミング

税理士の求人情報サイト、トピックスというサイトがあります。
それによると税理士が独立して開業する場合、自宅で開業するか自宅以外で事務所開業か、どちらにもメリット・デメリットがあるということです。
「事務所開業」の場合、場所をどこにするかも、結構重要なんだそうです。
地価が高い所を借りると、費用はかさみますが資金力があるとアピールすることで、信頼が得られるそうです。
しかし無理して高いところを借りるのは、後々の運営にも支障が出るのでほどほどでいいのではないでしょうか。
それからやはり、アクセスしやすい場所がいいということです。
もう一つの「自宅開業」は、なんと言っても初期費用を低く抑えることができるという点です。
事務所を借りたら、当然発生する賃貸料もいりませんしね。
自宅兼事務所にすれば、自宅の家賃の一部を経費として計算することもできます。
通勤の時間も節約できて、忙しい税理士さんにはうってつけですよね。
デメリットは、来客があってもスペースが少ないことがあるかもしれません。
それから忙しくなって、人を雇いたいと思ってもスペースがないことで困るかもしれませんね。

口の機能は回復可能!そのためにも積極的なケアを

「8020運動」が始まって久しくなります。
当時は、その条件を満たす人は少なかったそうですが、歯の健康への意識の高まりにつれて80歳で20本以上の歯を残せる人が増えています。
このように、自分の歯を少しでも多く保てることは大変喜ばしい話です。
それと同時に、口の機能を保つことの大切さも問われています。
食事のときに食べこぼしたり、むせたりするなどは、口の機能が衰える典型的な事例です。
また、発音や発声がうまくいかない、いわゆる、滑舌が悪くなることも見逃せません。
口の機能が衰えてくると、食事が困難になるだけでなく、いろいろな弊害がでてきます。
その結果、健康な人よりも、要介護リスクや死亡リスクが高くなることも知る必要があります。
ただ、ありがたいことに、口の機能は訓練することで回復することが可能です。
そのためには、以前よりも食事がしにくくなったなど、些細な変化への気付きが大きな鍵を握ります。
身近に高齢者がいる人は、まわりからのサポートが必要です。
定期的に口腔ケアをするなど、歯医者を積極的に受診することをおすすめします。
もちろん、高齢者だけの問題ではありません。
やわらかいものばかり食べるなどの原因で、口の機能が衰えることも把握しておきたいですね。

相続放棄すると相続税は発生しない?

身近な人が亡くなったときは、その人との関係によって相続の対象になる場合も少なくありません。
また、受け取る遺産の割合は個々によっても異なってきます。
被相続人に配偶者がいる場合は、常に相続の対象になることも知っておきましょう。
相続人のなかには、相続放棄を選ぶ人も出てくるかもしれません。
相続放棄をする理由は個々によっても異なるため、一概にはいえません。
気になるのは相続税の支払いです。
相続放棄をしたのに、相続税が発生するのには納得できませんよね。
しかし、その点は大丈夫です。
相続放棄をすると相続人ではなくなるため、相続税が発生しないからです。
ただし、相続放棄した人が故人の死亡保険金を受け取る場合は、事情が異なります。
死亡保険金は「みなし相続財産」になり、相続税が発生するのです。
ちなみに、受け取った死亡保険金は「非課税枠」の適用ができますが、相続放棄をするとその適用が受けられなくなります。
このような理由から、相続問題で悩んだときは相続税に詳しい税理士に相談しましょう。
なお、死亡保険金に掛かる税金には、贈与税や所得税もあり、被保険者・保険料の負担者・保険金受取人の関係によって、税金の種類が変わってきます。

モコモコした素材の服は美容院には適さない

女の子はモコモコした洋服って好きですよね。
私も若い時にはモコモコしたセーターを着ていた時もあったけど、今では若作りをしているような感じがして、恥ずかしくて着られません。
私の子供は男の子なので、モコモコのセーターなんて着てくれませんが、女の子がいたらピンクのモコモコセーターとか着せたかったなぁ。
男の子は洋服の選びがいがないので、ちょっと寂しいです。
私がモコモコのセーターを着て美容院に行くことはありませんが、モコモコした素材の服は美容院には適していません。
どうしてかというと、切った髪の毛がつきやすいからで、しかも付いた髪の毛が取れにくいからです。
クロスからモコモコした洋服がはみ出していると、びっしりと髪の毛がついてしまい、せっかくヘアスタイルが整っても残念な事態を引き起こしてしまうのです。
考えただけでもガッカリですよね。
美容師さんも困ってしまうし、自分もお気に入りの洋服に髪の毛がびっしりとついてしまい、なかなか取れなかったら困りますからね。
そんな事にならないためにも、毛足の長い素材の洋服は美容院に着て行かない方がいいですよ。

留学生のホストファミリーを体験した友人

インターネットの普及にともなう、いろいろなメリットが注目されています。
知りたい情報があると、リアルタイムで把握できることが大きいですよね。
また、美しい景色を眺めたり、美味しい料理を見て楽しんだりできるのも、インターネットによる恩恵ではないでしょうか。
しかし、より多くの情報を知るためには、自分で体験することが大切です。
そのためには海外留学も選択肢のひとつです。
また、自分が海外へ出掛けるのではなく、留学生を受け入れる方法もあります。
いわゆる「ホストファミリー」です。
私の友人は、退職後に「ホストファミリー」の体験をしています。
彼女は、いろいろな分野に興味を持つ人ですが、自分の時間ができてからは、さらに精力的に活動しているようです。
これまで、何人かの留学生を受け入れたうえで、季節の行事があると積極的に参加してきたといいます。
また、留学を終えて帰国した後も、折に触れて交流を続けているとか。
みなさんのなかには、留学生を受け入れるためには、どうすればよいのか興味を持つ人もいるでしょう。
そのときは、身近にホストファミリー体験者に話を聞いてみてはいかがでしょうか。

税理士試験は一度に受からなくても良い

税理士試験には、いくつか項目があります。
そして、全ての項目で受からなくてはなりません。
ただ、一度に受かる必要はなく、一度合格した項目は、次回以降受けなくても良いというルールがあります。
税理士試験は、かなり勉強が必要な試験です。
初めから全部一緒の合格を目指すのではなく、項目ごとに勉強し、合格を目指す受験者の少なくありません。
働きながら勉強していると、勉強時間も限られると思います。
効率よく、合格を目指したほうが良さそうですよね。
とはいっても、何年もだらだらと続けていたら、集中力が切れてきてしまう可能性もあります。
集中力って、そうそう長く続きません。
試験を受けている最中に、他に興味のあることが出てきてしまう可能性もあります。
それならそれでいいのかもしれませんが、もったいないですよね。
私は、何年と言う期限を決めて、その中でしっかり勉強するほうが良いと思います。
仕事もやめてしまってもいいと思います。
そのくらい、集中してやった方がいいと思うのです。
人それぞれなのかもしれませんが、皆さんはどうでしょうか。

DVD制作の会社ってそこまでしてくれるもんなのかな?

最近、友達がやっている会社を手伝っています。
といっても、別に共同経営とかではなく単なるバイトですが、仕事結構面白いんです。
イベント企画とか運営が主なんだけど、そこに関わる備品の発注なんかを私はやっています。
友達曰く「何でも屋、便利屋なんだよね」って言ってて、そこがすごく楽しいんですよね。
お祭りの裏方!的な仕事が結構あって、そういうのが楽しい!

でも、地味な仕事の方が多いんですけどね。
今は、イベントがらみのDVD制作を結構な枚数発注しなくちゃいけなくて、その業者を探しています。
DVD制作なんてもちろん今まで個人で依頼したこともないし、会社としても初めてなんで前例がないんです。

完全に外注の仕事なんで、その部分では儲けは度外視して、とにかくコスト下げるために安い業者に頼まないといけません。
あと、DVDのケースとかデザインもこだわりたいんだけど、そういうとこまでDVD制作の会社って頼めるのかな?

今のところ、ピックアップしている会社が三社ほどあるので見積もりを依頼してみるつもりです。
納期には余裕があるので、じっくりと比較して選びたいですね。

留学は就活に影響する?それとも?

「定年」にこだわらず、ずっと働き続ける選択肢があります。
また、いくつになっても、現役で働きたいと願う人もいるのではないでしょうか。
長年勤めてきた仕事を続けてもよいでしょう。
以前からやりたかったことを始めるのもよいですよね。
どのような生き方をするのかはケースバイケース。
同じ職場で勤めるだけでなく、新たな分野にチャレンジすることも考えましょう。
そのためには、就活を勝ち取ることが大事ですよね。
学校卒業後、最初に就く仕事が人生を左右することもあるからです。
大学生の就活は高校時代までとは異なり、自分で積極的に動く必要がでてきます。
就活に有利になるためにも、いろいろな経験を積みましょう。
海外留学もそのひとつです。
留学経験が就活にプラスになる場合が少なくありません。
やはり、海外へ行くという、積極的な姿勢が評価されるのではないでしょうか。
実際、留学を経験すると、就きたい仕事への意識が大きく変わるといわれています。
一方で、就活のタイミングが遅れるという、デメリットもあるかもしれませんね。
このような理由から、学生時代に海外留学する場合は、行くタイミングを見極めることをおすすめします。

予防歯科は歯科医を見る事です

歯の治療は大切です。
治療をしない歯は悪くなる一方です。
逆に治療をしていると悪い歯は良くなります。
虫歯になったら治療を受けに歯科に行く事は大事ですし歯の矯正に歯科へ行くのも大切です。
歯の治療は自宅ではできませんからね。

歯は治療だけではないです。
治療の前の段階が大切です。
治療の前というと予防です。
虫歯になってから歯科に行くのは治療です。
歯科には虫歯などの治療で行く人が多いです。
虫歯になっても歯科に行かないのは良くないです。
虫歯が治るどころか悪くしてしまうだけです。
虫歯になったら歯科に行ってちゃんと治療してもらった方が良いです。
虫歯になったら歯科には行くべきですが、大事なのは虫歯にならないようにする事です。
虫歯にならないようにするという事は予防をするという事です。

病院に行ったら医師を見ます。
担当の医師がどんな人なのかは観察します。
歯科も同じで歯科医を見るのは大切な事です。
予防のために行く予防歯科でも歯科医の事は良く見た方が良いですね。
予防歯科は虫歯などの悪い歯を治療するわけではないですが、歯科医によって予防も違ってきます。
歯科医によってアドバイスの仕方も変わってきます。
歯科医が大事なのはどの歯科でも同じ事です。
どんなに優秀な歯科医でも自分に合わない場合はあります。
歯の事で気軽に相談できる歯科医を見つけるのが予防には大切です。

磯子の歯医者さんは信頼できます。

数年前から、祖母が磯子の歯医者さんに通っています。
10年ほど前にできた、比較的新しい歯医者さんだそうです。
祖母の代が、そのような新しい歯医者さんへ行くのは、珍しいことです。
どうやら、老人会の中でその歯医者さんが評判になっているそうなのです。
祖母はもうすぐ70歳ですが、ほとんど自分の歯が残っています。
もともと歯が健康なのかと思っていたのですが、どうやらその歯医者さんが関係しているそうなのです。
その歯医者さんに通っている、老人会のメンバーのほとんどが、自分の歯を保っていると言います。
実は、高齢になると歯が弱って、入れ歯になる人が多いそうです。
確かに、父方の祖母は65歳くらいの時から入れ歯をしていました。
全てではありませんでしたが、よくいれば洗浄液を使っていたのを思い出します。
その磯子の歯科では、とにかく歯の健康を保つための治療やメンテナンスに力を入れているそうです。
歯のメンテナンスは、歯医者さんだけでなく、自宅でのケアが大切です。
しかし、高齢になってくると面倒で、なかなか十分にメンテナンスができないと言います。
磯子の歯医者さんは、高齢者一人一人が自分でメンテナンスできるよう、根気よく教えてくれるらしいのです。